8月 272013
 

メモ書きです。そのうちまとめるかも

CentOS標準のレポジトリにあるPHPは古いため、レポジトリを追加する
rpm -Uvh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-6.noarch.rpm
rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

PHPやその他ツールの導入
yum -y install mysql-server httpd
yum –enablerepo=remi install php-cli php-fpm php-devel php-gd php-mbstring php-mysql php-pdo php-pear php-xml

httpdとmysqlサーバーの起動
/etc/init.d/httpd start
/etc/init.d/mysqld start
chkconfig httpd on
chkconfig mysqld on

phpにタイムゾーン設定していなければ
vi /etc/php.iniして
date.timezone = Asia/Tokyoを追記する

node.jsとnpmを導入する
yum install gcc-c++
wget http://nodejs.org/dist/v0.10.19/node-v0.10.19.tar.gz
tar -zxf node*
cd node*
./configure
make
make install
curl https://npmjs.org/install.sh | sh
npm install websocket formidable archiver

eBotをDLしてくるeBotがあるディレクトリに移動して、
composerのインストール
php -r “eval(‘?>’.file_get_contents(‘https://getcomposer.org/installer’));”

composerの実行
php composer.phar install

コンフィグを編集
config/config.ini
config/logger.ini

ebotの起動
screen -dmS ebotv3 php bootstrap.php
必要ならサーバー起動時にプロセスが動くようにする

フロントの導入
https://github.com/deStrO/eBot-CSGO-WebからファイルをDLして導入

 Posted by at 3:23 PM

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>