6月 182013
 

私が通っている学校ではインターネットにアクセスするときにはプロキシサーバーを経由することになっています。プロキシサーバーを経由すると、youtubeなどの一部サイトへのアクセスが遮断されるようにルールが設定されています。

youtubeなどのアクセスが遮断されることについては問題ないのですが、学校のプロキシの設定でHTTPとHTTPS以外の通信もブロックされています。
となると学校から自宅サーバーにSSHでアクセスしたり、FTPでファイルを取り出すことができません。
WiMAXなどのポータブルWi-Fi端末を持ち歩くのも面倒かつ追加で費用がかかるので、VPNを使用して学校のプロキシサーバーのルールを無視して通信を行えるようにしました。自宅でVPNサーバーを立てられる人はOpenVPNやPacketiXを使用すればいいですが、そういったサービスを立ちあげられない人も多いと思います。

そこで、VPNGateを紹介します。
http://www.vpngate.net/ja/
VPNGateは筑波大学発のベンチャー企業SoftEtherが無償で提供しているVPNソフトウェアです。世界中のボランティアサーバーに簡単に接続することができ、プロキシを回避出来ます。
VPNボランティアサーバーは世界中にあるので、いわゆる「おま国」を回避したりするのにも使えて非常に便利です。

ただし、VPNGateやPacketiXは企業のサーバー管理者が検知できるように特別な識別子を付加して通信を行います。通信の中身は暗号化されているので管理者などに見られる心配はありませんが、VPN通信を行なっている事自体は把握される可能性があります

 Posted by at 10:58 AM

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>